FOR LIFE RECORDS SINCE 1975

NEWS
小室等
オフィシャルホームページを見る
小室等(こむろ ひとし)

1943年 東京生まれ。
1968年 “六文銭”を結成。
1971年 第2回世界歌謡祭にて「出発の歌」(上條恒彦と六文銭)でグランプリを獲得。
1975年 泉谷しげる、井上陽水、吉田拓郎と“フォーライフレコード”を設立。

現在は、自身のコンサートを中心に、“六文銭'09”、谷川賢作(pf)とのセッション、さがゆき(vo) とのユニット“ロニセラ”、 娘であるこむろゆい(vo)とのデュオ“ラニヤップ”などのライブ活動を 行っている。
また他ジャンルのミュージシャンとのコラボレーションやイベントプロデュースも多数。
テレビドラマ、映画、舞台などに音楽を提供するなど幅広く活動している。
最新ソロアルバムは、谷川俊太郎プロデュース、小室等(vo,g)谷川賢作(pf)によるアルバム 「NO GOOD WITHOUT YOU」(おーらいレコード)。

2007年10月“まるで六文銭のように”(小室等、及川恒平、四角佳子)のアルバム
     「はじまりはじまる」リリース。
2009年4月“六文銭‘09”(小室等、及川恒平、四角佳子、こむろゆい)のアルバム
     「おとのば」リリース。
2009年12月“ラニヤップ”(小室等、こむろゆい)のアルバム
     「ここ」リリース。
2010年  音楽活動50周年を迎える。

→もっと詳しいプロフィールを見る

 

区切り線
鈴木康博
オフィシャルホームページを見る
鈴木康博(すずき やすひろ)

1948年 静岡生まれ、横浜育ち。
中学生の頃、アメリカンポップスに影響されてギターを弾き始める。 大学在学中に友人の小田和正らとオフコースを結成し、1970年にシングル「群衆の中で」でデビュー。 1982年オフコースを離れ、翌1983年にアルバム「Sincerely」でソロ・デビュー。以降、積極的に作品を制作し、これまで20枚を越えるアルバムをリリース。 2011年10月19日、フォーライフレコードより約4年ぶりとなるオリジナルアルバムのリリースが決定し、「鈴木康博ソロライブツアー2011」を開催する。

 

区切り線
庄野真代
庄野真代(しょうの まよ)

山羊座B型 大阪出身
「飛んでイスタンブール」「モンテカルロで乾杯」などが大ヒット。その後28か国をめぐる世界旅行に。
そのときの体験をもとに、音楽を通じたボランティア活動を国内外でおこなう。執筆・講演などにもフィールドを広げている。
現在は、NPO法人『国境なき楽団』を創設理事として、施設などへの訪問コンサートや家庭で不要になった楽器を集めて
途上国の子ども達に贈る活動、平和への思いを音楽に託す市民活動「セプテンバーコンサート」を毎年9月に全国で開催中。

 

区切り線
四角佳子
オフィシャルホームページを見る
四角佳子(よすみ けいこ)
血液型O型。大阪府岸和田市出身。愛称は“おけい”
西野バレエ団在籍時に歌手として活動するも、一旦芸能活動を止め帰郷。暫く後、ギターを師事していた小室等に誘われ、 1971年六文銭に参加。小室等、及川恒平とともにメイン・ヴォーカルを担当。『キングサーモンのいる島』、『六文銭メモリアルⅠ・Ⅱ』のアルバムを残す。 バレエで鍛えられたスタイルの良さとアイドル的な容姿で、当時から多くのファンを魅了していたが、1972年よしだたくろうとの結婚を機に惜しまれながらも引退。 (よしだたくろうのアルバム『伽草子』(1973)収録の「春の風が吹いていたら」では“よしだけいこ”名義でたくろうとデュエット。)
2000年横浜・英国館で行われた及川恒平のライブで、ゲストの小室等と共に28年ぶりにステージに立ち、再び歌の世界へ戻ることになった。 以後、3人で歌う場合のユニット名を、“まるで六文銭のように”として、ライブを中心に活動を再開。
2003年元モーニング娘。の安倍なつみと“おけいさんと安倍なつみ”として『母と娘のデュエット・ソング』(作詞:つんく 作曲:小室等)をリリース
2005年10月8日「OK's SQUARE」The Firstとして初のソロ・ライブを開催。
2007年“まるで六文銭のように”として新生フォーライフレコードよりアルバム『はじまりはじまる』をリリース。
2009年4月“まるで六文銭のように”は、新たにメンバーにこむろゆいを迎え、“六文銭’09”として、アルバム『おとのば』を発表。
2009年7月8日待望のファースト・ソロ・アルバム『初恋』をリリース。
年2回の OK's SQUAREの他、全国各地でソロ・ライブ活動を展開。 “六文銭’09”としてのライブ、猫とのジョイント・ライブなどと合わせ精力的にライブ活動を実施。 ソロ・ライブでは六文銭時代及び“まる六”“六文銭’09”の曲に加え、オリジナルソングや内外のカバー曲など多彩なレパートリーで新たな魅力を展開している。
区切り線
大野真澄
オフィシャルホームページを見る
大野真澄(おおの ますみ)
1969年、ロック・ミュージカル『ヘアー』出演時に知り合った堀内譲、日高富明とアコースティック・ロックバンド“GARO”結成。 1971年にレコード・デビュー。1973年、「ボーカル」の愛称で親しまれた大野真澄がリード・ヴォーカルの「学生街の喫茶店」が大ヒット。 7週連続オリコン1位を記録し、1973年オリコン年間チャート3位、日本有線大賞・新人賞獲得、NHK紅白歌合戦出場を果たした。 その後も「君の誕生日」「ロマンス」などのヒット曲を残し1976年解散。
5年間の活動中にオリジナルアルバム8枚、ベストアルバム2枚組1セット、シングル盤12枚を発表するという活発な音楽活動を展開した。
1976年、“大野真澄”としてフォーライフレコードよりソロ・デビュー。
また、作詞を手がけたあおい輝彦「あなただけを」が大ヒットする。
その後も多岐にわたる音楽ジャンルで、プロデューサーとしても才能を発揮。現在は、六本木スイートベイジル139での定期的なソロ・ライブや、 伊勢正三・太田裕美とのユニット“なごみ~ず”での『アコースティックナイト』を中心に活動中。
2009年1月14日、伊勢正三、太田裕美、岩崎宏美、猫、四角佳子らをゲストに迎えた、初のセルフ・カヴァー&カヴァー・アルバム『Vocal’s Vocals』をリリース。
区切り線
六文銭'09
オフィシャルホームページを見る
六文銭'09(ろくもんせん)
フォーク・レジェンド、小室等・四角佳子・及川恒平(六文銭<1968~1971>最後の1年の在籍メンバー)が、“まるで六文銭のように”の活動を経て、 小室の娘“こむろゆい”を加え“六文銭‘09”として『70年代をいまに生きる』を旗印に敢然と活動を開始。
2009年4月 アルバム『おとのば』リリース。

<六文銭>
1968年、小室等を中心に結成されたフォーク・グループ。結成時のメンバーは小室等・小林雄二・石川鷹彦・入川捷。1969年、 アルバム『六文銭/中川五郎』(URC)発表。メンバーは流動的で、安田裕美・木田高介・山口裕美・若松広正・原茂・小室のり子・橋本良一らが参加。 及川恒平は1970年に、四角佳子は1971年に加入している。1971年“上條恒彦&六文銭”の「出発(たびだち)の歌」で第2回世界歌謡祭グランプリ受賞。 1972年4月アルバム『キングサーモンのいる島』発売。
1972年6月に杉野講堂にて解コンサートを行うも、7月にライブ・レコーディングを行い『六文銭メモリアルⅠ&Ⅱ』としてリリース。
1973年に小室等・吉田拓郎・チト河内・後藤次利・柳田ヒロで“新六文銭”が結成され、スーパーグループとして注目されたが、短期間の活動に終わっている。

<まるで六文銭のように>
2000年10月、横浜・イギリス館での「及川恒平ソロ・ライブ」にて、ゲストの小室等と観客として来ていた四角佳子が揃ってステージに立ったことがきっかけで、 2001年より“まるで六文銭のように”というユニット名で活動を開始。
毎年6/6と12/6に行う「六ノ日ライブ」を中心に、全国各地でのコンサート、イベント、テレビ出演などを行う。
2007年10月24日新生フォーライフレコード第1弾アルバムとして『はじまりはじまる』をリリース。六文銭時代の曲と新曲を織り交ぜた、すべて一発録りによるライブ感重視の音作りが注目された。「まるろく」の愛称で親しまれた。
区切り線
猫
オフィシャルホームページを見る
猫(ねこ)
1971年、“ザ・リガニーズ”のメンバーとして活躍した内山 修・常富喜雄と、元“ジ・アマリーズ”田口 清との3人で結成。
1972年3月9日「人生なんてそんなもんさ」でデビュー。よしだたくろうのバック・バンドを務める傍ら、シングル「雪」(8/21リリース)、「地下鉄に乗って」 (11/21リリース、ここから石山恵三が参加)がヒット。12月21日ファーストAl.『猫』リリース。
1973年、大久保一久がメンバーに。7月21日セカンドAl.『猫・二枚目』、11月21日サード Al.『猫・あなたへ』リリース。
1974年3月、Sg.「各駅停車」リリース。
1975年3月、「猫さよならコンサート(九段会館)」を最後に解散。4th Al.『猫・エピローグ』発売。 
1991年、田口 清が事故で死去。
2004年秋、故・田口 清氏の十三回忌法要をきっかけに、内山 修・常富喜雄・石山恵三の3人で「猫」再結成。
2005年、自主制作盤の『猫5』リリース。
2008年3月26日『猫5 For Life Special Edition』リリース。
現在、猫・単独でのライブを中心に、四角佳子や斉藤哲夫とのジョイント・ライブ等をふくめ、「活動を止めていた30年分をとり戻すため(常富・談)」
毎月ものすごい数のライブを行っている。
また、内山・常富は“ザ・リガニーズ”の再結成にも参加。